ご相談者様からの質問によくこんな質問があります。

遺言書とエンディングノートは何が違うんですか?
エンディングノートって、遺言書の簡易版ですか?

いいえ、全く違います。

結論から言うと

遺言書とエンディングノートは全く別物です。

<遺言書>

  • 民法で厳格に定められた様式で自署が基本
  • 遺言書に書かれた内容は、法定相続より優先される
  • 主に、財産分割の指定が目的
  • 遺言者の死後、効力が発生する


<エンディングノート>

  • 法的な効果はないが、病気の告知や延命措置など、生前の希望を書いておける
  • 書き方・内容は自由
  • 何度でも簡単に書き直しできる
  • 自分のために書く目的が多く、その後の生き方に影響する

おひとりさまはどちらを書くべきか?

まずは、エンディングノートを書きましょう。

なぜなら、エンディングノートは、あなたが死んでからの事よりも、

あなたがこれからどう生きるか?を書いていくものだからです。

自分らしく生きるために、これからの事、自分の希望を書いていきましょう。

その上で、以下の事を希望する方は、遺言書を書くことを検討しましょう。

  • 自分の遺産を相続させたくない親族がいる
  • 特定の相続人に遺産を相続させたい
  • 自分の遺産を寄付したいと思っている
  • 自分の遺産でペットの世話を頼みたい

これらのことは遺言書を書く事で叶えられます。

遺言書の書いてこれらの事を叶えたい方は、専門家に相談しましょう。

遺言書・エンディングノートのご相談は下記よりお気軽に

    お名前(必須)
    メールアドレス(必須)
    お電話番号(必須)
    ご相談内容(必須)
    送信前のご確認

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。